スタッフブログ

交差点事故

2016年2月20日

今週18日に埼玉で悲しい事故がニュースで

報道されていました。

 

交差点を左折してきたダンプカーに小学生の男の子が轢かれ、

亡くなってしまいました。

 

今回の事故は『ひき逃げ事故』との事ですが、

加害者のコメントで「左の後ろタイヤで何かをひいたのは間違いありません」

「確認しないでそのまま行ってしまった」との事でした。

 

今回のケースは死角に対する安全確認不足が一番の原因だと思われます。

確認しなかったためひき逃げとなってしまったのかもしれません。

亡くなった小学生の男の子のご冥福をお祈りします。

 

トラックは車高が高い分死角も多くなります。

死角に十分注意し事故を起こさないよう防止するのが一番ですが、

異常な振動を感じた時、大きな音を感じた時は、

庫内のカゴ車が揺れたんだろうとか、縁石にのったんだろうとか、

「〇 〇 だろう」と考えるのではなく、いったん停車し、確認を行う事を

していかなければいけません。そうする事で、救えた事、防げた事が

必ずあるはずです。

 

今回の件は上記の事由を写真入りで掲示し従業員の皆様に

周知し自社では起きないように取り組んでいただいております。

 

運転でも「だろう運転」ではなく「かもしれない運転」を心掛けていかないと

いけないですね。

メールでのお問い合わせ