スタッフブログ

令和4年4月4日「月並祭」

2022年4月5日

新年度、最初の月並祭を執り行いました。

4月4日は「獅子」を意味する日でもあり

ご祈祷に使うお神酒のラベルに

獅子の絵が入ったものを使用していただきました。

神職様より

「出鼻を挫かれると、立ち直るのに時間がかかります。

獅子というのは守り神であり、天災から守るために

狛犬、シーサーを飾るところもあります。

日本は古来から八百万の神々の進行があり、

机や椅子などにも神が宿っていると考えてきました。

全てのものに感謝をしていくことは

とても大切なことなのです。」

というご法話を頂戴しました。

目に見えないものではありますが、

確かにあるのは「心の在り方」だと思います。

日々に感謝することができれば、

大難が小難になっていくのではないかと思いました。

今年度も励んでいきたいと思いますので

皆様、宜しくお願い致します。

【人事総務課】

メールでのお問い合わせ